コロナ禍で歓迎会を模索した話

  • #コロナ
  • #歓迎会
  • #コミュニケーション

こんにちは、よっしーです! ​ 2020年、弊社に数名の方が入社されました。しかし、コロナウイルスの感染拡大の影響で、通常の歓迎会を開催することができませんでした。 多くの企業で、このような問題を抱えているかと思います。 弊社では、なにかできないかといろいろと模索した結果、「少人数でのランチ会+スタンプラリー(景品あり)」(以下、スタンプラリーランチ歓迎会)という形で実施することになりました。 ​ この記事では、その詳細や感想をお伝えします。​

スタンプラリーランチ歓迎会

概要

stamp_card_front

※スタンプカード(オモテ)

※スタンプカード(ウラ)

※スタンプカード(ナカ)

​ まず、全員にスタンプカードを配布します。ランチに行った際に、一緒に行ったメンバーからスタンプを押してもらいます。そのスタンプの数に応じて、景品がもらえます。 景品は下のネクストライブオリジナルグッズです。

​​

※NEXTRIBEオリジナルグッズ

​ そして、新入社員を誘ってランチに行った場合、その費用は会社が負担します。

ルール

  • 開催期間は半年ごとに期限を設ける。
  • 新入社員の歓迎期間は基本的に入社から1ヶ月間とする。
  • ランチ、ディナー、事務所内でお弁当や出前をとってランチすることを対象とする。
  • 1回あたり自分を含めた2人以上4人以下を対象とする。
  • 新入社員の歓迎期間に新入社員を含めて食事会をした場合は、上限3000円/人を補助する。
  • 新入社員以外の人が、歓迎期間内に補助を受けられるのは1回までとする。
  • 1ヶ月のうち、同じ人からもらえるスタンプは1つとする。
  • 10スタンプ毎に景品を選べる。景品は10スタンプ、20スタンプで選べるモノが異なる。30スタンプはすべての景品から選べる。
  • スタンプカードに押印または、サインと日付を書く。
  • 補助対象の食事会は領収書を必ずもらい、裏面に参加者の名前をメモすること。

目的​

最も大きな目的は、

  1. 新入社員の方と親睦を深めること。
  2. コロナウイルスの感染リスクを軽減すること。

その両方を加味した結果、少人数でのランチという形になりました。 少人数にすることで、一人一人が新入社員と話す機会が増え、1.の目的を実現できると考えました。​ また、スタンプカードの目的は、

新入社員以外の人が、歓迎期間内に補助を受けられるのは1回まで。

上記のルールを管理するためでもありますが、もう一つは社内のコミュニケーションの活性化です。 普段からランチなどで、コミュニケーションをとることで社内の雰囲気を良くしたいという思いがありました。

やってみた感想

※実際のランチ風景 ​

実際にやってみると、やはり少人数なので話しやすく、大人数での宴会よりも深く話すことができたと思います。​そして、なにより上限が3000円/人なので、普段よりちょっと良いお店に行くことができます。おいしいごはんを食べると会話も弾みますし、普段あまり行かないお店に行くことで歓迎している雰囲気を演出できているように思えました。

今年は数名の方が入社されましたが、弊社ではこの歓迎会のスタイルがスタンダードになっています。​

ただ、少し課題もあります。 運用を続けていくとランチに行く人が偏りがちになってしまいます。ランチに行く際に、いろんな人を誘うよう意識しなければなりません。​ 一人一人の意識の問題でもありますが、今後改善していこうと思っています。 ​ 最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

おすすめRECOMMENDED