SES(システム・エンジニアリング・サービス)の在り方について

  • #SES
  • #ビジネス
  • #システムエンジニアリングサービス
  • #エンジニア

こんにちは、営業のおっくんです。

今⽇はネクストライブの事業のひとつでもある「SES(システム・エンジニアリング・サービス)」の”在 り⽅”について。 IT業界にとってこのSES(技術者派遣)はすごく良くできたシステムです。 エンドユーザー様(お客様企業)からシステム開発の依頼を請けた開発会社様が ⾃社のエンジニアだけでは開発リソースが⾜りず、 同業のビジネスパートナー様のエンジニアにもお⼿伝い頂いてプロジェクトを進める。 業界が⼀丸となって技術の進歩、社会貢献に参加できるという仕組みです。 ただ、このSESの仕組み⾃体が「ただのビジネス」になっているという⾵潮も否めません。 "エンジニアは会社の商品。仕事のある現場に買ってもらう価値を持ちなさい" 僕⾃⾝はそういった考え⽅は好きではありません。 というより⾮常に嫌いな考え⽅です。

「SESの営業は簡単」いいえ、とんでもない

企業に所属する以上、エンジニアも従業員であり、会社の⽅針に従い、売り上げに貢献する事は当然 ではあります。 ですが、エンジニア⾃⾝が望んでいない仕事や、不慣れなスキルが必要な現場に⼊れさせられ その⼈はきちんと成⻑ができるでしょうか。 もちろん懸命にスキルを磨き、お仕事に取り組む⽅もいると思います。 でも、やはり本当にやりたい事は別にあったりするのではないでしょうか。 「確かに⾃分はこの⾔語での開発に慣れている。でも本当は別の開発⾔語でステップアップしたい」 ITが好きで、テクノロジーが好きなエンジニアだからこそ、そう考えるのではないでしょうか。 そんなエンジニアの希望を叶えてあげづらいSES業界に、僕は以前より疑問を持っていました。 僕たちIT営業マンが努⼒すべきは、エンジニアのそんな希望を叶え、尚且つ会社の売り上げにも貢献 する事。 それを満たしたうえで、頼って頂いた協業先のお客様の要件に⾒合った技術者を提案する事。 「SESの営業は簡単だよ」なんて⾔葉を⽿にする事もあります。 とんでもない。 ⾃社のエンジニア社員だけでなく、他社様(パートナー企業様)のエンジニア社員の 将来にまで関わる事になるのですから。 エンジニアを売り上げ重視のSESだけで縛ってはいけないと思うのです。

とはいえ、⽬の前のお仕事ももちろん⼤事

上記と逆説的ですが、それでも業界や地域、ひいては⽇本、世界の発展には ⼤⼩関わらず提供されるITサービスやシステムの進歩は⾮常に⼤事。 その開発に関わらせて頂けるという事は有難い事なのです。 ⾃分たちの会社が、⾃分の仲間のエンジニアが仕事を通して社会貢献ができる。 どんな業種でもそうですが、これほどうれしい事は無いと思います。 そうなるともちろんSES事業も⼤切で素晴らしいものなんです。 ⽇々、業界全体で⼒を合わせて何かを創り上げるなんて、他の業界でも珍しいのではないでしょう か。 上記で語ったSESの在り⽅はもちろん⾃⾝の⼤切な想いではありますが 広い⽬で⾒れば素晴らしいビジネスモデルであり、良くできた体制だと思います。

エンジニアの将来とお仕事のバランス

ネクストライブでは受託開発や⾃社製品の開発も積極的に⾏っており、 エンジニア⾃⾝が「こんなものを作りたい︕」「こんなのがあれば便利で⾯⽩いんじゃない︖」 という個⼈のアイデアから⾃社製品開発に発展したりする事も多いです。 それに携わっている時のエンジニアの表情って、本当に活き活きしていてこちらも元気をもらえま す。 SES事業でも、ネクストライブのエンジニアはありがたい事にみんな⾃分が希望する現場に参加させ て頂いていて、 楽しく仕事をさせてもらってるのがよくわかります。 これは本当に⼤変ありがたい事です。 要は会社や営業マンが「⾃社のエンジニアが楽しく⾃分らしく成⻑できる仕事」にアサインしてあげ られる事が⼤切なんだと思います。 会社の将来のためにも、⼀緒に働いてくれている仲間のエンジニアのためにも--- それは信頼していただいているパートナー企業様のエンジニアにお仕事を紹介させて頂くときも同じ です。 ⾮常に難しい事なのですが、僕はネクストライブの営業として、常にその想いを⼤切に活動をしたい と考えています。

この記事を書いた人

おすすめRECOMMENDED