リモートワークで快適な環境を求めた社員の末路(後編)

  • #リモートワーク
  • #コロナ
  • #コミュニケーション
  • #マネジメント
  • #ライフハック
  • #ワークスタイル
  • #働き方改革
  • #中二病

リモートワークで快適な環境を求めた社員の末路(前編)の続きです。

後編では、リモートワークでの私生活での効率化のお話を中心にします。

目次

  • HDDからSSD
  • CPU使用率が0%
  • 効率化を求めた結果

HDDからSSD

リモートワークになってから、大きく変わったのは移動時間です。

出社する必要がありません。

起床と同時に出社が可能です。

みなさんまだHDDを使ってますか?

まさかカスタマイズ選択時にHDDを選択していないですよね?

きっとこの記事をみているみなさんはSSDでしょう。

リモートワークは劣化のしないSSDです。

よけいなシークタイムもありません。

出社時間は0秒になりました。

出社時間がないため、会社からどんな近いところに住んでいる人の立地にも勝つことが可能です。

しかし、もっと時間を短縮してみましょう。

時間は有限です。

一般的なエンジニアの服装は

  • スーツ
  • オフィスカジュアル

のどちらかです。

リモートワークになると

  • パジャマ
  • 普段着

が追加されます。

パジャマは最高ですね。

起床と同時に着替えも終わっています。

しかし、お客様とオンライン会議をする時があります。

さすがにパジャマでは、変なイメージを植え付けてしまう可能性があります。

どうしてもパジャマがいい場合は

「これ、自社の新発売のパジャマなんですよ!」

と言い訳できるように、会社オリジナルパジャマの制作をしておきましょう。

オンライン会議がない時は、キャラクター系の着ぐるみでもいいでしょう。

しかし、人によってはオンライン会議が多い人もいます。

私はお客様とのオンライン会議がよくありました。

しかし、着替える時間がめんどくさい。

その結果、同じ服を5着買いました。

平日はその服を毎日着るだけです。

服装に悩む時間も0になりました。

色もそろえることで、さらに効率化となりました。

洗濯も畳みません、全部ハンガーです。

畳むとか時間の無駄でしかありません。

料理は意外と時間がかかります。

しかし、コロナ禍で緊急事態宣言中に外出するのはリスクとなります。

よって、1回の料理で3食分作りました。

バランスも考え、毎食違うものを食せるようにしています。

食は人間の源なので、妥協せずいいものを食べましょう。

時間をさらにかけたくない時は、デリバリー系もオススメです。

リモートワークなので、いつでも受け取ることが可能です。

週に数回利用していました。

今はコンビニ・酒屋の商品も運んでくれるので、非常にオススメです。

さらに外出する回数を減らすため、冷蔵庫を買い替えました。

100リットルクラスから500リットルクラスにしました。

これで2週間程度の備蓄ができるようになりました。

冷凍庫が大きいものを選ぶのがポイントです。

掃除

家で仕事をするため、定期的な掃除が必要になります。

よく「年末年始の大掃除をしないと」という話しを聞きます。

私は「普段から掃除していればそんなのしなくていいんじゃない?」と思っています。

しかし、定期的な掃除とか時間の無駄でしかありません。

掃除を効率化するために、掃除ロボットを導入しました。

実は引っ越しをするときに、全部屋に段差がないマンションを選択しています。

それはこの掃除ロボットに活躍させるためです。

掃除ロボットは非常に優秀で、落ちているチリ・ホコリはほとんど取ってしまいます。

マンションを選んだ理由は、掃除が楽だからというのがあります。

一戸建ては階段もあるため、掃除ロボットが活躍できません。

できるビジネスマンは「やることを減らす」 といいます。

土日が掃除で潰れたら元も子もありません。

掃除も手放しましょう。

CPU使用率が0%

リモートワークになって、家の中の時間も効率化しました。

しかし、ここで問題が発生します。

Apple Watchが毎日怒ってくるのです。

「もっと、がんばりましょう」

どうやら、通勤時はクリアしていたカロリーの消費が著しく低下してしまいました。

筋肉のCPU使用率が0%になったのです。

健康も大事ですので、効率よく解決しましょう。

運動しないのであれば食べなければいい

よく「引退後に太った」という話を聞きます。

あれは、現役時代の食生活のまま、運動をやめたからです。

私も通勤を引退したので、まずは合計カロリーの調整をする必要がありました。

300キロカロリーの運動しなくなったのであれば、300キロカロリーを摂取しなければいいのです。

よって、昼と夜に炭水化物を取らないようにしました。

お茶碗2杯分なので、これでプラスマイナスゼロです。

ゴリマッチョはいやだ、細マッチョがいい

二次元のキャラを愛する自分にとって、ボディビルダーのようなマッチョは苦手です。

ほどよい細さが理想的です。

しかし、まったく運動をしないと筋肉すら衰えてしまいます。

よって最低限の家事である

  • 皿洗い
  • 洗濯

は家電に頼らず、自分ですることにしました。

あの有名CEOも皿洗いをしていることで有名です。

つまり皿洗いの時は、私=CEOなのです。

洗濯も外に干すことにしました。

1日15分の太陽を浴びることは大切だからです。

私自身、完全遮光カーテンLOVEなのですが、健康のために仕方がありません。

効率化を求めた結果

リモートワークをするにあたり、無駄な時間を削減するようにしてみた結果、

# 8時間睡眠の場合
24時間 - 8時間(仕事)- 8時間(睡眠)- 1時間(雑務)= 7時間

# 6時間睡眠の場合
24時間 - 8時間(仕事)- 6時間(睡眠)- 1時間(雑務)= 9時間

の自由な時間が生まれました。

人によってはさらに調整が可能です。

8時間あれば、2クールのアニメを1日で観ることが可能です。

そうです。

アニメを観るために生きているのです。

もっとたくさんのアニメを観るために、無駄を削減しましょう。

人生に快適で最高のアニメライフを。

この記事を書いた人

おすすめRECOMMENDED