エンタメ

第7回スタッフインタビュー!エンジニア"コニー"に聞いてみた!

コニー
2022.05.02
  • #recruit
  • #staff
  • #interview

エンジニアのコニーです!

今回は、テツ・オクムラからのインタビューに答えてみました!

インタビュー

Q1:システムエンジニアを目指したきっかけはなんでしたか?

コニーコニー

専門学生時代に、個人やチームでゲーム開発を行っていました。その延長で、プログラミングをする職業に就きたいと考えました。

テツ・オクムラテツ・オクムラ

「ゲームを作りたい!」って理由が、エンジニアを目指すきっかけになったって人は多いもんね。結果的に、プログラミング自体の面白さが主になって、成果物がゲームじゃなくても良くなるっていう人も多いみたいだし、コニーはもしかしたら、そういうタイプかもしれないね。

Q2:最初に勉強したことはどんな事でしたか?どんな環境で勉強しましたか?

コニーコニー

私はエクセルマクロでした。新人研修の時に、OJT形式で先輩に教わりました。今となってはレガシーな技術ですが、導入しやすいのでまだまだ使用されているところも多いですね。

テツ・オクムラテツ・オクムラ

うん、エクセルのマクロは、まだまだ現役で使用してる企業も多いと思う。コニーがそうだったように、プログラマの入口としても最適だったし、企業が社内のIT化を目指す第一歩だったりしたもんね。ちょっとした帳票くらいなら手軽だもんね。

Q3:システムエンジニアになって一番うれしかったことは?

コニーコニー

エンドユーザー様に「○○(自分)さんに、お願いして良かったです。ありがとうございます!」と仰って頂けたことです。次のお仕事に繋がって、ビジネス面でも良好な関係を続けることができました。

テツ・オクムラテツ・オクムラ

それはめちゃくちゃ嬉しいね!企業に勤めているエンジニアは、チーム体制での役割によっては、お客様(エンドユーザー)から直接の感謝を聞けることって意外と少ないんだよね。やっぱり「あなたのおかげで便利になったよ!ありがとう!」って言葉を直接聞けるとすごく嬉しいし、自分の仕事に自信が持てるようになると思う。

Q4:ネクストライブに入った理由は?

コニーコニー

エンジニアとして挑戦して、まずはスモールなものでも構わないから、新サービスを立ち上げていきたいと考えたからです。

テツ・オクムラテツ・オクムラ

ネクストライブってそれに挑戦できる会社だもんね。コニーからの企画を楽しみにしてます!

Q5:ネクストライブでこれからどんな事がしたい?

コニーコニー

顧客満足度の高い「新サービス」を立ち上げて運用していきたいです。

テツ・オクムラテツ・オクムラ

やっぱり、使う人に感謝されるようなものを生み出したいよね。「儲かるもの」も大事ではあるけど、それより前に「喜ばれるもの」であるべきだと僕も思うよ。

Q6:システムエンジニアとしてこれからどう成長したい?

コニーコニー

敏感に新しい技術を吸収して、食いっぱぐれないエンジニアになっていきたいですね。

テツ・オクムラテツ・オクムラ

システムエンジニアって、日々進歩していく技術を、ずっと追いかけなければならない大変な職業だと思う。だからこそ、コニーのような勤勉で新しい技術・知識が好きって人が、システムエンジニアに向いてるんだよね。

Q7:未来の後輩に向けてひとこと

コニーコニー

近年では、SNSを含めたWebサービスの発達で、プログラミングの情報が比較的簡単に取れます。独学でも、第一線で働いている方もいます。興味があるならぜひ、挑戦してみてください!

テツ・オクムラテツ・オクムラ

そうだね!「自分には無理だ」なんて考える必要はないし、専門の職にしていなくても、プログラミングのスキルを持った人もたくさんいるし、「自分にもできる」と思ってチャレンジして欲しいね!

最後に

コニーやネクストライブの仲間たちと一緒に、働いてみたいという方はぜひ一度ご連絡ください!

採用情報ページはこちら

この記事を書いた人