20代のうちにしておきたい17のこと

  • #本
  • #要約
  • #未経験
  • #エンジニア
ひでエンジニア

どーも!最近格闘技を始めた、格闘技エンジニアひででございます! 格闘技は昔から好きだったのですが、実際にやってみるとさらに格闘技の魅力に引き込まれてしまいました!w 格闘技は人に夢や希望を与えれると思うのでもっと広まっていって欲しいですね~。

まあ!そんなことはさておき、こんな私もネクストライブでエンジニアになって早くも一年です! いや〜ほんとに早かったですね〜。一年前にネクストライブに入社するか悩んでいる私に言ってあげたいです「大丈夫。何も心配することはない。お前はこっちでのびのびやってるぞ」っとね。

今回は当時私が「エンジニア」になるのか?それとも、今の企業で「毎日同じことの繰り返し」を選択するのか?悩んでいた時に、私の背中を押してくれた本書を皆さんにご紹介したいと思います。

『20代のうちにしておきたい17のこと』を読むべき人

  • どうやって好きなことを見つければいいのか?
  • 将来(30代)に向けて不安のある人
  • どうすれば「幸せになれるのか」

『20代のうちにしておきたい17のこと』目次

  1. 人生最大の失敗をする
  2. 大好きなことを見つける
  3. 一流のものに触れる
  4. 人生を100パーセント楽しむ
  5. 死ぬほどの恋をする
  6. 一生付き合える親友を見つける
  7. 両親と和解する
  8. 自分のルーツを知る
  9. 才能のかたちを知る
  10. 専門分野を持つ
  11. メンターを探す
  12. 人生が変わる本と出会う
  13. 質問力を鍛える
  14. お金と時間の管理を学ぶ
  15. 没頭できる趣味を持つ
  16. 異文化に触れる旅に出る
  17. 運について学ぶ

著者、本田健のプロフィール

経営コンサルティング会社、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。独自の経営アドバイスで、いままでに多く のベンチャービジネスの成功者を育ててきた。育児セミリタイア中に書いた小冊子「幸せな小金持ちへの8つのステップ」は、世界中130万人を超える人々に 読まれている。『ユダヤ人大富豪の教え』をはじめとする著書はすべてベストセラーで、その部数は累計で300万部を突破!

参照:『 20代にしておきたい17のこと (ISBN-13: 978-4479302834 )』より

20代でしておきたいこと厳選3つ

タイトルからも分かるように、20代でやり残したことがある人も多いのではないでしょうか? 先ほどご紹介した目次と自分の人生を照らし合わせてみてください。

まだまだやるべき事はたくさんあるのではないでしょうか?

全ての内容がほんとにタメになる事なのですが、全部は紹介できないので今回はその中でも特によかった厳選3つを本書からご紹介したいと思います。

1.自分のルーツを知る

皆さんは自分の「ルーツ」について調べたことはありますか?

ルーツという言葉の意味がわからない人もいるかと思うので、簡単に説明すると「物事の根源または起源、祖先」という意味です。

例えばですが、お父さんはサラリーマンでも、その息子は実業家で成功している人や、学生時代に喋るのが苦手だった人が教師になっていたりする場合は母方の祖先が全員実業家だったり、父方の親戚が全員教師だったりする場合があります。

今自分には何が向いているのか?何をすればいいのか?

分からず悩んでいるなら、自分を知る良いきっかけだと思って自分のルーツを調べてみても良いかもしれませんね。

本書でも書いてある通り、「自分のルーツのプラスとマイナスをしっかり理解することで初めて、自分のやるべきことが見えてきます。

2.人生でいちばん若く、いちばん歳をとっていると感じる「いま」

自分が「やりたい事を」仕事にするのか「安定した企業」で就職するか。 ここで悩む人はかなり多いと思います。

私の周りでもよく耳にすることがあります。 皆さんも一度は聞いたことや、思ったことがあるのではないでしょうか?

やりたいことはあるけど、そんな事を言ってる歳じゃないんだよね。

当時、私も悩んでいた時がありました。妻と息子がいる状況で今の職場を辞めて、本当に大丈夫なのか?本当にやっていけるのか?

そんな時に本書と出会い、私は決心することができたのです。

若いときは、自分の若さに気づけないのです。 でも、30代以降の人は「もし、20代に戻れたら.....」とみんな思っています。 あなたはいま、その場所にいます。  :::::: 参照:『 20代にしておきたい17のこと (ISBN-13: 978-4479302834 )』より

3.ワクワクする事をやって、輝こう!

この言葉を聞いて「わかってるけどできない!」「ワクワクすることなんてない!」という方もいるでしょう。 本書で本田さんは「私は、自分がワクワクして面白いと思うことにはいつも飛び込んでいきました。」と言っています。

私も本書を読んでから自分がワクワクすることは何か?自分が楽しいと思えることは何か?を意識するようになってから見えてくるものがありました。 もし、いまあなたが悩んでいるのなら思いきって自分が「ワクワクする方へ」飛び込んでみてください。 そうすれば見えてくるものがあるかもしれません。

まとめ

本書では「人生をどう幸せに生きるのか」を考えながら、その基盤をつくっていくと書かれています。 その基盤は自分にとっての「幸せとは何なのか」を明確にしていくステップとして重要です。 少しでも、あなたのこれからの人生の後押しになればと思います。

まだまだ、本書で紹介したいことはたくさんありますが、続きは本書を是非読んでみてください。 他にも参考になることがたくさんあるので、本書を読んでチャレンジしてみてください。

最後にひとこと

私も完全未経験からネクストライブにエンジニアとして入社しました。 おそらくここまで、何の武器もなく、学もなく、異業種に転職しようと思う人はあまりいないのではないでしょうか?w そのくらい何もなかった私を採用していただき、エンジニアとして育てていただき本当に感謝しています。

ソースコードも読めなくて、自分の想像していたエンジニア像とのギャップに何度も挫折しそうになっていた私が、エンジニアとして日々業務をこなせるレベルになっています。 折れずに頑張ってこれたのはネクストライブのみんなの「温かさ」と「人の和」があったからだと私は思いました。

この記事を読んでいる方でもし、当時の私と同じ悩みや不安を抱えているのならチャンスです! ネクストライブにはそんな悩みや不安を全て受け止めてくれる仲間がいます! 安心して自分がワクワクする方へ飛び込んでみてください。 そうすれば見えてくるものがあるはずです。

採用情報 | ネクストライブ株式会社

この記事を書いた人

ひでエンジニア
おすすめRECOMMENDED